出汁巻き玉子の作り方

お出汁がたっぷりの玉子焼きはジューシーでとても美味しいですが焼くのはとても難しいです。たまにテレビで四角いフライパンで焼いている映像を見かけますが職人さんが作っているので簡単そうですが実際に作ってみると同じ品質で作るのは相当の修行が必要です。

なぜ難しいのか?

まず玉子焼きの生地が箸では持ち上げられないくらいに柔らかいんです。

玉子5個(約300g)に対して出汁を180gくらい混ぜています。(当社の割合です)これを巻くのってかなり大変です。

また強めの火加減で手早く焼かないと水分が抜けすぎてふんわり仕上がりません。

当社は創業より出汁巻き玉子を販売していますが今でも全て手焼きで焼いています。

理由は機械では当社レシピの玉子焼きは出汁が多すぎて焼けないからです。

今では沢山のオーストラリアの寿司屋さんで当社の出汁巻き玉子を使っていただいています。

ご興味のある方は是非ご連絡下さい。

Tender tamagoyaki filled with dashi is delicious but also extremely hard to make. Often we see videos of Japanese chefs cooking it in a traditional square pan making it look easy, but achieving that same level of quality requires a long period of practicing.

But why is it so difficult?

First of all, the softness and the delicateness of the tamagoyaki makes it hard to handle

In our recipe we mix 5 eggs (roughly 300g) with 180g of dashi, to correctly fold this mixture during the cooking process can be quite challenging.

Also the eggs have to be cooked on a high heat for only a short period to avoid drying out.

Our company has been selling tamagoyaki since establishment but we still hand make all of our tamagoyaki.

It is because our recipe contains too much dashi to be cooked on machines.

Many sushi restaurants across Australia are using our tamagoyaki.

Please contact us if interested.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中