お米の中にアボカドが

工場のスタッフは一緒に昼食をとります。

使っている食材で簡単なおかずを作るのですが白米はほぼ毎回炊いています。

先日米を炊こうと袋を開けたら何やら大きな塊が。

そこにはなんとアボカドが2つ入ってました。

なぜここにアボカドがあるのか間違えて入れてしまったのか?一生懸命考えたのですがとりあえず犯人をさがしてみた。

いつも皆んなのおかずを一生懸命作ってくれる子が犯人だったので理由を聞いてみると

“硬いアボカドや熟していないフルーツは米の中で保管すると熟すのが早い”

とのこと

インドネシアからの留学生ですがインドネシアでは一般的に知られれいるらしいです。

本当に早いのか、根拠はわかりませんがそんな知識を手に入れた日でした。

Vivid Sydney

毎年恒例のイベントVivid Sydney開催されています。

いろんな場所で開催されていますが未だにオペラハウス付近しか行った事がありません。

こんな感じです

写真は去年私が撮影したものです。

今年はまだ行けてません。

時間が無いのと寒いのが嫌いなんです。

チャンスがあれば是非一度見てください!

会社紹介

真和フードは2012年に設立しました。

設立のきっかけは私が当時シドニーシティーにあるレストランでヘッドシェフとして働いている時に日本食サプライヤーの方から寿司用の”だし巻き玉子”を週に数本だけ焼いて売って下さいと頼まれた事でした。シェフのビザ取得が難しくなってきていた時期でお店で手作りするのが大変になったようです。

大変好評で週に数本だったのが数十本くらいになった頃にもっと日本食を広めるためにレストランの運営を助けられる事をしたいと考えShinwa Food を立ち上げました。

真和は真(まこと)の和(和食)を広めようと意味を込めています。当社は化学調味料、保存料、着色料等を一切使用しておりません。できるだけ手作りの味を提供できるように最低限の機材しか導入していません。今でもだし巻き玉子は全て手焼きで作っています。

今後もシドニーのレストラン業界に貢献できる会社となれるように商品の開発に取り組んでいきます。

Shinwa food was established in 2012.

It all started when I was working at a Japanese restaurant in Sydney as a head chef. One day the Japanese suppliers asked me to make a few sushi tamagoyaki for them every week. Around that time the visa requirements for chefs became more strict and it was becoming difficult for restaurants to hand make their own tamagoyaki.

My tamagoyaki was quickly getting attention increasing its numbers from few a week to dozens. At this point I’ve decided to establish Shinwa Food company to help the operation of Japanese restaurants and further spread Japanese cuisine in Australia.

The name ‘Shinwa’ represents “true japanese food”. This is symbolic of our aim to spread real and authentic japanese cuisine. We do not use any MSG, preservatives or artificial coloring. We operate on a very minimum use of machinery to deliver the taste of hand made and for our tamagoyaki, it is still all fully hand made.

Our company will continue to focus on the development of new items which will contribute to the restaurant industry in Sydney.

Shinwa Food Pty Ltd  

Managing Director

Yoshitaka Tanabe